2018年に改正された厚生労働省の医療広告ガイドラインで、自費診療に係るリスクや副作用を情報提供することが求められています。美しく健康的な歯ならびや噛み合わせにするは大きなメリットがあることを理解しつつ、全ての医療と同様に歯科矯正治療を受けられるあたり歯科矯正治療には以下のリスクや副作用の可能性があることをご理解ください。
(※すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません。)

・ 矯正装置を装着することによる痛み、不快感が装置装着後数日間生じることがあります。しかし矯正装置には1週間程度で慣れます。

・ 矯正治療中は装置装着により口腔内の自浄作用が低下し、むし歯や歯周病の罹患リスクが上昇します。リスクを低くするために歯科医師および歯科衛生士の指導に従い歯磨きを励行し、治療中も歯科衛生士の指導にのっとった歯磨きが必要です。

・ 矯正治療中は歯面に着色がつきやすくなります。その際は適宜PMTC(歯石除去・歯面清掃)などのクリーニングを受けていただく必要があります。

・ 歯の動き方には個人差があります。そのため、検査診断時に予測された治療期間と異なる経過をたどる可能性があります。

・ 歯を動かすことにより歯根の吸収が起きて歯根が短くなることがあります。また、歯と歯ぐきとの境目が下がる歯肉退縮が起こることがあります。

・ 治療途中に金属アレルギーの症状が出ることがあります。

・ 治療中に装置の装着や顎間ゴムを使用などの、歯科医師からの説明にそった使用方法や装着時間などが守れなかった場合、治療効果に影響を及ぼす場合があります。

・ 矯正治療中は噛み合わせが変わり、一時的に顎関節に負担がかかることで、顎関節に音や、痛み、開閉口障害などの顎関節症状が出ることがあります。

・ 稀に歯が骨と直接癒着する「骨性癒着」が起きていて思うように歯が動かないことがあります。また、極めて稀に歯を動かすことで歯の神経が障害を受けて歯髄壊死が起きることがあります。

・ 様々な要因により、治療計画の変更を行う可能性があります。

・ 良好な咬合関係を得るために、歯の形態修正や、咬合調整を行ったりする可能性があります。

・ 何らかの要因で矯正装置が脱落し装置を誤飲する可能性があります。

・ 矯正装置を歯から外す時に、歯が破損したり歯に亀裂がはいったり、補綴物が破損する可能性があります。

・ 保定治療と呼ばれる後戻り防止装置(リテーナー)の使用方法を遵守し、定期的な経過観察をお受け頂けない場合、歯並びの後戻りが生じる可能性が高くなります。

・矯正治療中ないし治療後に、むし歯の治療や補綴物などの再治療を行う可能性があります。

・ 治療後親知不が生える影響により、叢生が生じ再治療が必要となる場合があります。

・ 成長発育や歯周病により、歯並びが変化し再治療が必要な場合があります。

・ 様々な要因で噛み合わせや歯並びが変化した場合、再治療等が必要になることがあります。

[ home ]